車検で20万円以上もの経験をした人にはカーリースが向いている訳 | 軽自動車のカーリース【最安値5社】を比較!出費を抑えたい人は必見

車検で20万円以上もの経験をした人にはカーリースが向いている訳

カーリースを比較するポイント

クルマは定期的にメンテナンスをしないと壊れてしまう事はほとんどの人が知っている事だと思いますが、本当に必要な整備をしている人はごくわずかです。

整備士にすすめられた作業内容をそのまま鵜呑みにしていませんか?

ガソリンスタンドでタイヤを指摘されて不安になったりしませんか?

見積もり内容を見ても「???」っとなって任せっきりになっていませんか?

実際に私が長年車業界で勤めていた時には、ほとんどの人が整備内容の判断は出来ていませんでした。

自分のクルマに必要な整備なのかどうかの判断が出来ていない人が実際には多いんです。

ここで、「え?・・・必要だから整備士がすすめてくるんじゃないの?」と思ったしまったら間違いなくあなたはカーリースの方が向いていますよ。

車検整備で高額20万円以上を出してしまう人の共通点

最初に誤解をして欲しくないのが、車検整備で高額な車検をしている人が悪いと言っている訳ではありません。

車検見積もりをもっとよく確認して欲しいんです。

自分の目の前に出された車検見積もりを見て、本当に自分に必要かどうかを見極めないといつまでたっても同じ繰り返しです。

本当は高額な車検を本人は望んでいないのに予定外の出費に生活費を削ってまで車検を実施する方も沢山います。

こういうのって本当に必要な整備なのか?

クルマよりも、もっと大切にしないといけない事って沢山ありますよね?

高額な車検見積もりを見て「はぁ~・・・」っとため息をついて、しばらく考えて暗い表情をしながら「これでお願します・・・」

ほぼ即決です。

高額な車検をしてしまう人にはこんな共通点があります。

  • 車検の比較見積もりをしない
  • 車検の見積もりを即決してしまう
  • 10年以降の古い車に高額整備をする

この3つは高額車検をしてしまう人には当てはまる事です。

車検の比較見積もりをしない

車検の比較見積もりをしない人の多くは高い車検なのか安い車検なのかの適正な判断ができていません。

それもそのはずで、車検が安いか高いかを判断しているのが、その店舗の知名度だったり対応したスタッフを信頼しているからです。

もちろんこういった信頼できる店舗は悪いとは言いませんが、ほとんどが自分の勝手な思い込みでしかありません。

まずは、しっかりと自分なりの基準をもって判断した方が良いです。

今の時代は広告費をかければ信頼できる店舗として目立つ事ができますが、見掛け倒しの店舗もある事を知らないといけません。

自分に出された車検見積もりは他の車検見積もりとどう違うのか?

これを知ってから本当の信頼できる店舗として評価をしてからでも遅くはないはずですよ。

車検の見積もりを即決してしまう

車検の高額整備する人では、この即決してしまう人がかなり多いです。

高額な見積もりを見て、本人は高いと感じているのにも関わらずそのまま車検作業にOKを出してしまいます。

ここで少し業界の多くが車検見積もりでしている進め方を紹介します。

特に大き目の店舗では3つに分けて見積もりを出してきます。

「松」・「竹」・「梅」といった感じで3段階に分けて、最初は1番高い見積もりの「松」を提案してきます。

そこで納得ができなければ、次の「竹」・「梅」といった感じに見積もり提案をされて最終的にはこの3つのどれかから選ぶ事になるのです。

最初の一番高い「松」の見積もりを出されると一番低い「梅」の見積もりは金額が安くなっているので、逆に整備内容に不安に思う方もいます。

そして最終的には値段も整備内容も真ん中の「竹」になるように仕掛けがされています。

本人は車検見積もりを比較して選んでいるつもりではありますが、実際にはそうではありません。

あくまでも、その整備工場内での見積もりでしかありませんので本当にその見積もりがベストなのかどうかを他社と比較する必要があります。

そしてさらには、ここで出されている最低限の「梅」ですが、この見積もりは最低限の見積もりでは無い事がほとんどです。

そもそもこの3段階の見積もりは、整備工場側が勝手に決めて自分達の売りたい「車検コース」をすすめている可能性が高いんです。

例え最低限の見積もりの「梅」を選んだとしても、他社と比較をしないで決めてしまったら即決と同じ事になりますよ。

10年以上経過したクルマに高額車検を実施してしまう

こんな事を言うと「クルマを買わせたいだけなんじゃないの?」と思われてしまうかもしれませんが、このサイトでクルマを販売している訳でもないので乗り換えをしても一切私に利益はありません。あくまでも長年の経験と実際に私が見てきた事実を話します。

なぜ年式が10年以上経過したクルマに高額車検をしない方がいいのか?

これは、車検を通した後にも故障するリスクが高いからです。

年式が古くなって1度20万円以上もの故障をした車両は、例え修理したとしても次にまた故障を引き起こす確率が高いからです。

クルマの劣化は1部分だけ劣化する事はありません。

タイヤが1つすり減ってダメになってしまったら1本だけではなく他のタイヤも同じようにすり減っていますよね?

それと同じでクルマの劣化が進行していけば高額修理にもなり、車検で20万円コースにもなる時には他の部分もまた故障を引き起こす可能性が高い事が分かります。

もしも20万円の車検を実施して1年も経たないうちにまた別の個所が故障したらどうしますか?

おそらく車検で20万円もしたんだから再度修理依頼をすると思います。

その先また故障したら?

私が見てきた中で、こういった高額修理を重ねてしまい結局は新車を購入した方が良かったなんていう人は何人も見てきました。

高額修理の時には乗り換える余裕がないからと言って修理を選んだ人の多くは後悔している人が多いんです。

年式が10年経過して車検で20万円以上もかかった車なら間違いなく乗り換えタイミングです。

「そんな事いったって何百万もするクルマなんか買えない!」そう思うかもしれませんが、10年前の車と今の車では燃費効率が違いますし税金も減税対象になっているので維持費が改善されます。

逆に年式が古くなればなるほど、燃費は悪化して、13年以上経過した車には税金が課税されるのでドンドン維持費は圧迫するばかりです。

クルマの費用で一番かかるのは購入資金ではありません。

年間の維持費だという事に気づかないといけませんよ。

この先の故障リスクと毎月かかる燃料費や税金が改善されるなら決して高い買い物にはならないはずです。

あなたの欲しいクルマがフェラーリのような車なら別の話ですがね。

女性は特にクルマのメンテナンス付きのカーリースがおすすめ

ここまで車検の高額整備を選んでしまう人の共通点を上げてきましたが、どうでしょうか?

ドキッとして思い当たる事とかありませんか?

もしも「いや~まったくない!全然大丈夫だね!!」そう感じた人なら、この先も安心して自分の判断で車検を勧めていける人なので自己管理が向いていると思います。

しかし、今回の記事を見て何か思い当たる事があったり、もしかしてあの時の見積もりは・・・

なんていう感じで少しでも不安になるなら、これからは見直しが必要ですよ。

特に女性の方でクルマのメンテナンスに関して「説明されてもあまり分からないです」なんて言っている場合ではありません。

分からないから、いいように勧められてしまっている事にそろそろ気づかないといけませんよ。

しかしそんな事いったって、今からクルマのメンテナンスの勉強をしろと言われても無茶だし、車検の見積もりを比較しろ!!って言われても内容が分からないから比較の判断がそもそも分からない!!

そんな現実にぶつかってしまうと思います。

実際に私は車検見積もりのアドバイスも別でしているのですが、他社の見積もりを受けても「どれを選んでいいの分かりません」そういう質問をもらう事は沢山あります。

最近では車検の基準と関係のない指摘をされて「この部分をしないと車検に通りません!」なんていう事を平気で言ってくる「ディーラー」が存在します。

ディーラーですよ!?

一般の人の多くが絶大な信頼を得ているディーラーが、車検基準とは関係の無い所を指摘してごり押ししてくる・・・

やっている事が怪し車検整備工場と変わりませんよね・・・

そういった状況に追い込まれている店舗も実際には存在しているので、だったらいっそのこと定額で全てプロにお任せをしてしまう。

「車検の比較とかメンテナンス時期とか分からない~」

「いつタイヤのローテーションをすればいいの?」

「エンジンオイル交換ってなに?エレメントってなに?必要なの?」

こんな疑問を多く持っている人は恰好の餌食にされてしまうので、だったらカーリースが提供しているメンテナンスで定額にしてしまった方がお得に出来ます。

毎月定額なので多く請求される事もありませんし、何よりプロの判断で適切なタイミングで消耗品を交換してくれます。

あなたが言う事はとにかく「安心して乗れるようにして!!

そういってクルマの点検に出せばいいだけなので、料金を気にする事なく常にベストコンディションでお出かけが出来ます。

もちろん自分でメンテナンス管理をする人と比べたら割高ですよ。

車検やメンテナンス管理がしっかりしている人は必ずと言って良いほど他社をよく知っていますし自分で調べています。

そして自分で納得ができなければ車検見積もりは一度持ち帰り後日、「ここはどうなの?」「ここは他では必要ないって言われたけど?」こんな風に必ず1つ1つを確認していきます。

こういった事が出来る人はカーリースのメンテナンスはおすすめできませんね。

しかし、車検で20万円も高額を受けてしまう人だったら、カーリースのようなメンテナンス定額プランは効果的です。

さらに今はカーリースなのに返却しなくてもいいカーリースが出ているので、こういったサービスは一度検討しても良いと思います。

私が軽自動車のカーリースで格安な5社を比較して記事があるので興味が有る方はチェックしてみてくださいね。

軽自動車のカーリース【最安値5社】を比較!出費を抑えたい人は必見
これからカーリースを検討されている人には是非知って欲しい格安業者5選を紹介します。どんな特徴があるのかを知らないで選んでしまうと後々後悔したりトラブルになったりすることも少なくありません。お得に安心してカーリースをしたいなら自分にあった所を選ぶのがポイントですよ。